スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターシャの言葉

02/24

ターシャの庭という本は私のお気に入り。
ターシャ・デューダーさんは絵本作家であり、
自然で美しい庭づくりを愛した、ガーデナーです。


めちゃくちゃファンって訳じゃないけど、たまたまNHKで再放送していた
番組で、動いている彼女をはじめて見ました。

子供のころの農家暮らしの夢を実現し、88歳まで続けていた彼女の言葉は
とても重みのあるステキなものでした。


"We are all going to the same direction. I have not been afraid of dying.
The most important thing is really enjoy at the present, each moment
that a day brings. Just look, feel and live at parting here I realize."
“私達は皆、死に向かっていく。死ぬことは恐れていない。
 大切なのは今この時を精一杯生きること。
 生きていることの喜びを感じとること。”
(お孫さんに贈られた言葉)

一瞬一瞬を大切にできたら、いつ死んでしまっても、
それほど悔いは残らないでしょうね。

“待つこと、それが苦痛でなくなったら、人生は楽しい”

ガーデニングという根気がいる作業を生涯の楽しみと
していた人らしい言葉ですね。
たった1年だけど、バラ栽培をしていて、『待て』状態の今の私には
すこしわかります。 これは植物に限らず、仕事や恋愛、何でもそう。
待つ時間を楽しみ、穏やかに過ごせたら、心は平和です。w

彼女の絵は温かみがあって、とても可愛いく、
野菜作り、料理、裁縫、なんでも手作りするのが好きというから、
なにか親近感を感じるものがあり、少し祖母を思い出しました。

ターシャテューダーの世界
ターシャ・テューダー展

 ターシャの庭

 生きていることを楽しんで
この本は、大切な人を亡くした人に贈ったら励ましになるかも。


 ターシャ・テューダーの美しい世界Around the Year【洋書絵本】

昨年、92歳でお亡くなりになったそうですが、
男のお孫さんが彼女の広大なガーデンを引き継いだそうです。
ステキですね。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Unknown
 うわっ。あたしもRavさんと同じ。ターシャの生き方ってステキだと思います。あんな風に生きられたらいいよね
 ターシャは絵を描く時、子供や動物とか実際に動いている姿を見て&脳裏に焼き付けて描くんだそうで、絶対に写真などを見て書かないと言っていました。その言葉をヒントに一瞬の動きを脳裏にやきつける練習をしていますが、難しい。特訓して慣れれば出来るだろうけど、でも、自然とともに生きているターシャだからこそ出来ることなのかな…って思いました。
 >大切なのは今この時を精一杯生きること。
 生きていることの喜びを感じとること。
 ⇒ホントだね。今を私なりに精一杯生きたいと思いました。
 
Unknown
離婚して1人で子供を育ててるから辛いこともたくさんあったと思うけど、前向きだよね。もう悟りをひらいてしまってる感じ。人付き合いは苦手だったみたいだけど、自然と会話してたみたいだね。

>その言葉をヒントに一瞬の動きを脳裏にやきつける練習をしていますが、難しい

人それぞれ向くやり方は違うはずだから、最初は写真や映像を見ながらでもいいんじゃないかな?まるちゃん独自の方法が見つかるといいね。
Unknown
この番組、見ましたよ~。見て感じたのは、彼女の庭では時間が止まっている、ということ。彼女の子供時代というのは、土仕事が日常的だったわけで、ターシャにしてみれば自分は変わらないのに、勝手に周りが変わっていくと感じてるんじゃないでしょうか。

そこで自らの時間を止めるために、庭を造った・・・ていう発想は、東洋の隠遁思想とも通じていますね。
Unknown
たしかに、古きよき時代のままの生活ですね。でもちゃんと好きな絵本作成で収入を得て自立し、息子に家まで造って貰い、孫夫婦にその庭と家を継いでもらってるのを見ると、その辺にいる自分勝手に過去に生きてる老人とは違うように思います。美的センスが良いから現代人の共感が得られてるというか。美しいものは100年前と基準はそう変わりません。
ターシャ!
ターシャは私に老年の生き方のお手本を示してくれた大切な人です。
とても意思が強くてとうてい私にはできない事だとは思いますが  どんなに年をとっても自分なりに楽しみを創っていくことができるという事を実証してくれてることは 励みになります。
ターシャがバーモントにあの庭を造り始めたのは55才の時らしいので・・・
バーモントの冬の暮らしはとても厳しいものだと思うけど それさえ楽しんでいる老女の姿は本当にすごい!



Unknown
>私にはできない事だとは思いますが

そんなことないですよ。1人でお子さんを2人も育てられてるchikaさんは、私の知る人たちの中ではターシャに近いところにいらっしゃるなと思ってます。それに美しい物もお好きでしょ?何も考えずに生きるのと何かを目標にするのは大きく違うと思うし、基本的な考え方が同じであれば生き方も似てくると思います。お互いがんばりましょう!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。