スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海(8) 南翔饅頭店

11/14

やっと2日目。
朝食代わりにいったのは超有名な小籠包の店【南翔饅頭店】です。 


 豫園商城

ホテルから有名なランチの予約などにもたついてしまって、
11時すぎに豫園に到着。

 豫園商城
 この門をくぐった先に、南翔饅頭店があります。

六本木ヒルズにも支店があるので、知ってる人もいるでしょうけど、
この店は上海が本店で、毎日すごい行列ができるので有名です。
この日も月曜だとは思えぬ、たいへんな人だかりでした。
あまりに急いでるわ、Mさん見失うわで、写真撮り忘れ… 

1階はテイクアウトだというので、すぐに2階へ。
3階へいけといわれたけど、Mさんはお札を手にキャッシャーの女性に
強引に差し出してました。 話をきくと

「日本人は3階にいけって言われるって聞いたの。で、3回は高級な材料使ってる
 っていうけど、値段が高いだけで味はかわらないらしいよ。」

ヘェ~~~ 事前調査バッチリですな 

というわけで2階は非常に庶民的に、相席オンリー、
周りをグルリと次に座ろうとする客にジ~と見つめられながら、
食べるわけです。 

 南翔饅頭店
 私もこの写真アングルの位置で食べる人々を凝視してました。
 立っている人たちが次の回を待つ人たち。

食べる方は夢中で、我関せずです。
そういや私も食べてる時、すぐ後ろに人がいても全然気にならなかったな。

20分ほど待って、席につきテーブルに食券を置いて待ちます。

 南翔饅頭店
 あれ? 小籠包はいくらだっけ?
 生姜とスープが各1元(15円)という安さでした。

でも、スープはほとんどお湯なみの薄さ。お茶代わりって感じですか。

 
 1人前でこの数。ポットには黒酢が入ってます。

さすが1900年創業だけに、セイロがボロボロ。
これ蒸気で殺菌されてるでしょうが、この汚れ方はあり?
重ねる部分に“洗ってない感”でてました。

肝心のお味ですが、とっても美味しいです。
かじると汁がジュワーと出てくるので、小籠包をまずレンゲにおいて、
吸い付くようにして食べると上手くいきます。
(ピンクの服のおばさん参照)

スープが甘くて、お肉はジューシーでとてもおいしかったです。
この日、ディンタイフォンにも行ったんだけど、
私は南翔のが今まで食べた小籠包の中で一番好きかも。 
Mさんは皮のうすーい鼎泰豊のが好きだそうで、好みですね。
私はこれくらい皮の存在感があるほうが好みだけど…
ただおなかが空いてただけというのも否定できません 

 湖心亭
 店の窓から見える湖心亭
 窓全開で食べる小籠包はとっても美味でした。

これは前菜。
この後すぐに上海蟹の有名店ランチへ。 つづく…
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。