スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本わらび餅@遊形サロン・ド・テ

01/06


時系列無視で、帰宅一番、例のわらび餅ネタでいきます。

「おことうさんどす」な年末28日に呑気に京都をぶらぶらしてきました。
しかもこの日は一日中、雨。
でも雨の京都は人がまばらで、風情があっていいものです。
ほそ~い裏道を歩けば、風で服の裾が濡れることはありません。

京都で屈指の老舗旅館・俵屋のカフェができたときいて、早速いきました。
「遊形 サロン・ド・テ」はちょうど旅館の裏側、姉小路通りにあり、
外観はいたってシンプルで隠れ家風です。

扉を開けると、4つほどのテーブル席と、4人がけ程の坪庭に面した
小さなカウンターがあるだけです。 
私たちはラッキーにもカウンター後ろの一番広いラウンジ席のようなところに
案内されました。

インテリアは白を基調とした店内はシンプルモダン。
ショーケースにはお茶碗やクリスタル(ラリックかな?)の置物が飾ってあり、
テーブルの上の銀食器はクリストフルでした。

 
 “T” の入ったグラス、ピッチャーなどの食器は2軒隣の
 ギャラリー遊形で売ってます。

最初に出された分厚いタオル(お手拭)も俵屋オリジナルで、
宿泊すると高級リネン類三昧なんでしょうね。

 遊形のわらび餅
 わらび餅+煎茶orほうじ茶+和三盆のお干菓子 2000円 
 お茶を抹茶にすると、2200円。

さて、肝心のわらび餅のお味です。
「これは本わらび粉を使用してるんですか?」と確認すると、
『はい、特別に作ってもらってます』とのことでした。

すごく柔らかい、大き目のわらび餅が青竹の容器に3つ入ってました。
竹製の細い箸で3つに切ると一口サイズになるので、1人前8-9個くらいかな。
黒砂糖ですでに甘みがついていて、調節ができません。
それにせっかくの本わらびの風味が味わえないのが残念です。
程よい甘さだたけど、黒蜜は別にして欲しいかな。 
でも食感は格別  美味しかったですよ。

実は、本当のわらび粉というのは、山菜の蕨の根を粉にしたもので、
その手間と希少性から非常に高価なものです。 
だから普通に出回ってるわらび餅に入っている本わらび粉の分量は少しだけ
or全て他の安価なデンプン(サツマイモやタピオカ)でできてます。 
本物のわらび餅は黒っぽい色なので、一目瞭然なのです。
このことを知らなければ、以前の私のように老松のわらび餅を“ボッタクリ”
などと無知な発言をして恥をかくわけですね~ 
味を覚えているうちに、もう一度老松のものと食べ比べしてみたいものです。

俵屋さんは一泊一名5万円以上はする高級旅館。
実家から日帰りできる距離だし、もちろん泊まったことはありません。
その俵屋さんに泊まると、到着時にまずお茶と共に出されるお菓子が、
この本わらび餅で、いままでは泊まらないと食べられなかったものなんです。
だからまあ、大人の空間というか、このそこはかとなく漂う高級感、客層、
すべて含めてのお値段と考えれば、一度はいってみる価値あると思います。

ただ、子供づれだけはいって欲しくないかな~ 
雰囲気ぶち壊しそう。

 
 トイレも撮ってみましたw

そうそう、食べている時にお二人女性がカウンターに座りました。
一人は和風な雰囲気でどこかの女将さん風、
もうお一人はミンクのロングコートと時間のわからない時計
(つまり  で文字盤が埋め尽くされてる)をした女性。
会話から前者は俵屋さんの関係者で壁の絵の説明をしてました。
後者はどこかの会長のようでした。
この会長さんのような人が俵屋さんの常連客や取引先なのかもしれません。
サロンを出たら、運転手つきのセンチュリーが停まってました。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
おかえりなさい!
俵屋 一見お断りじゃあなかったですか?
カフェはチャンスあれば行ってみたいな!
でも京都は 他にも雰囲気ある喫茶店もいっぱいあるようですから 迷いますよね!
どちらにせよ 今のとこ京都に行く予定も時間も無いのですけど・・・(行ったら・・を妄想)!

ところで そのミンクの会長って 小柄でポニーテールで甲高い声の美人じゃあなかったですよねえ!
私の知り合いにあまりに似ていたもので・・・ギクッ!

Ravちゃん帰ってきてうれしい!
今年もネタ いっぱいアップして!
Unknown
なんていうか、銀食器やわらびもちはもちろん、トイレからお客さんまですごいですねw
行きたい、食べてみたいとか言う前に、着ていく服がない(笑)。

食感は確かに普通のと本のやつでは全然違いますね~。
でもわらびもちって、本わらびもち100%って書いてあっても違ったりするのかな?


chikaさんへ
>一見お断りじゃあなかったですか?

違うと思います。今は一見お断りしてたら、営業していけない時代かもしれません。

>迷いますよね!
そうなんです。この近辺にもいくつかあるし、美味しいケーキショップもあって迷います。

>甲高い声の美人じゃあなかったですよねえ!

顔はみてないんですけど、ポニーテールでもなかったし、声は小さ目でもう一人の女性ほど話し声が聞こえませんでした。
のーさんへ
>着ていく服がない(笑)。

デニムでも全然OKですよ。たまたま隣に座った方のほうが浮いてるくらいでした。

>本わらびもち100%って書いてあっても違ったりするのかな?

本わらび粉100%とあってすごく安かったりしたら、はやりの表示偽装ってやつかもね。くず粉より高価で100g1000円以上するようだし。

でも店の女性の返事が曖昧だったので、このサロンのが100%かどうかは明確ではありません。黒糖が入ってるので、色の確認もできませんでした。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。