スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルスバスター重い+ザル?

10/22
この週末はアンチウィルスソフトの比較やら、チェックで大変でした。

ウィルスバスター2007の再インストール後にも、
やっぱり気になるんで色々調べていて、
検出率の高い、カスペルスキーのオンラインウィルスチェックをしてみました。

その結果にビックリ! 

カスペルスキー オンラインスキャン

ウィルス2つ に 感染ファイル 7つ  ああっ、ショック!

 

内容を見ると2001年のメール(添付なし)← これは大丈夫そう。即削除。
Windowsフォルダー内の Trojan系だそうな。← こっちはヤバイ! 
いつのものかとフォルダーをみてもそんな.exeファイルは見当たらない。
これってどういうことでしょう?  巧妙に隠れてるのかな?
誰か教えてください。

それにしても毎週1回定期的にウィルススキャンしてたというのに、
今までVBは何してたんでしょう?
カスペが過剰反応してるだけならいいけど、まさか旧VB7がなかった数十分で
セキュリティーホールをかいくぐったとは思えないし。。。
とりあえず、再インストール後に初めてスキャンしました。

ウィルスバスター2007 製品版でチェック

結果は、
ウィルス 2つ、 スパイウェア 29個  え~~~~

このウィルスはカスペとは違うものです。
もう一回いうけど、
ヘビー級ののろまな巨体だけじゃなくて、能無し? > VB
感染ファイルはないの? ほんまゼロですか?
VBがザルなのか、カスペが過剰なのか… 

よくわからないのでもう一つ試しました。
こうなったら徹底的にやります。


シマンテック オンラインウィルスチェック

ウィルス 0、 感染ファイル 2つ

 

1つはホルダー内で見つけたので削除。かなり古いファイル。
もう一つは、カスペのものと同じで、どこを探しても見つからない。

---------

確実なのは、VBがいくつか感染ファイルを見逃してるということです。
これはもう悪影響がないと判断されてるのかどうなのかわからないけど、
知ってしまった以上、放っておくのはすごく気持ち悪いのに、
VBでは対処ができません。

もしファイアウォール機能があれば、迷うことなくNOD32にするんだけどなぁ。
VB2008が軽くなったと評判がいいとしても、パターンファイルに
変わりはないだろうし、 やっぱりカスペのお試し版を使ってみて、
このPCとの相性を見るしかないかもしれない。

悩むところです。 あ~もう、めんどくさ~ 

=====

さて結局、ESETを使用して約半年が経過。 現在2010年6月。
今のところ何の問題もなく、軽快で満足しております!  
なにかとうるさい私からもオススメです 

ESET Smart Security v4.0 1カ月無料体験
2009年のアスキー調べ顧客満足度トップだそうです。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Unknown
Windows Live onecare
は試しましたか?
結構いいと思うんですが。
Unknown
Unknownさん、はじめましてでしょうか?

Windowsはあまり検出率が高くないと評価が出てるんで候補リスト除外なのです。

優先するのは、1.検出率、2.軽さ、3.ファイアウォールとスパイウェアチェックができること、の順でみた総合力です。
カスペルスキー以外の候補としては、G Data か F Secure ですが、2に問題がありそうです。
Unknown
 ここで無知なにこまるが関係ないコメントを残すと『めんどくさ~』がられそうですが…。
 頑張って感染なおしてね。お祈りしてるから
Unknown
お祈りって…(^_^;) 
感染ファイルはVBじゃどうにもなんないから、結局カスペルスキーに入れ替えて退治したよ。それしか方法が見つからないので。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。