スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精のコンフィチュール

08/24


最近の私の欲といえば“食”に集中してる気がします。
夏バテもなんのその、美味しいものがあるときけば、
一体何が起きた?ってくらい行動力がします。
しかもなぜか最近体質が変わったのか、贅肉がつきにくくなってるもんで
ますます調子に乗ってます。 

この前、伊勢丹地下を靴づれしながら、またウロウロしてきました。
目的の一つは、クリスティーヌ・フェルベールのジャムです。

フランス・アルザス地方の果実を大きな銅鍋で一つ一つ手作りしてるのを
しばらく前にテレビで見て、食べてみたいとずっと思ってました。
Christine Ferberさんは“la fée des confitures (ジャムの妖精)”と呼ばれ、
グランメゾンや有名パティシエにも人気があるそうです。

ルバーブ、赤スグリ、カシス、イチゴ、桃、洋ナシ、オレンジ、
たくさんあって迷った末、

“マダムのコンフィチュール” (グリオットチェリー&バラ) と
“ミラベル”(アルザス産プラム)  を買いました。

ジャムって作った人は分かると思うけど、ずっと混ぜてないと焦げてしまって
美味しくできないんです。素材にあわせた分量の割合も結構微妙で難しいから、
同じクオリティを手作業で保つのって大変です。
基本の果実以外に、砂糖、レモン、ペクチン(リンゴ由来)だけ使用というのも
シンプルでいい感じ。 

1ビン1700円という高価なコンフィチュールだけど、価値はありそう。
何につけて食べようかな~ 
今週末、シンプルなケーキでも作ろうかな~ 楽しみ 



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Unknown
 うわっ。包装も可愛いね。それにアルザスって心もキレイになりそうな場所。行ってみたいなぁ~。行くって言うか、こういう所で暮らしたいな。こういう所で採れたもので作ったジャムは美味しいんだろうな。
 >今週末、シンプルなケーキでも作ろうかな~ 楽しみ⇒はい。あたしも楽しみです。楽しみに待ってます
 本も出てるんだね。クリスティーヌさんの顔が優しそうだから味も期待できるね。
 後ろのクマちゃんも可愛い。何かにへばりついてるね。
Unknown
アルザスってドイツの国境沿いにあるから町並みが去年いったローテンブルクあたりにそっくりです。 この辺は水分が少ない土地で、旨みとミネラルがギュッと詰まった果物が取れそうでいいなぁ。 このマダムはどうやら妖精というにはでっかすぎて、肝っ玉母さんのような風貌だそうですよ。

週末はシンプルなスコーンでもつくろうかな。
 
Unknown
おいしそー!!
伊勢丹ってどこにあるの? ←生粋の田舎者w
来月ウロウロする都内の最寄り駅に近かったらジャム買ってみたいなあ。
最終日の8日は、DVDオフでなければデパ地下ウロウロしようかなw
Christine Ferber
ていねいに作っていコンフィチュールですね!
おいしそう!
フランスのジャムは ただ果物の名前を書いただけなのに
なんだか おしゃれなラベルが好きです!
このラベルも素っ気ないけど おしゃれ!
Unknown
のーさん、

伊勢丹は新宿三丁目にあって、丸の内線の駅の真上です。JR新宿駅からは迷わず歩いて7-8分かな。暑い日は東口から地下を通って行ってます。三越もいいけど、新しい伊勢丹はまた格別です。ちなみにこのジャムだけならリンク先でネット販売もしてます。

---
chikaさん、

ジャムじゃなくて、コンフィチュールってのがオシャレに聞こえるから、フランス語マジックですよね。実際食べ物には歴史と定評があるから期待を裏切らないと思います。食べたらまた書きますね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。