スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼馴染み

08/12

小学1年生のころからの幼馴染みがいます。
中高とずっと同じで家が近かったのでいつも一緒に登校してました。

いま彼女は、私(母のような存在)の叔母Sの家の近所に住んでいて、
結構ひんぱんに交流があるらしく、叔母から電話でちくいち報告がきます。

叔母は料理が得意なので佃煮やお漬物などをあげたりするそう。

子供のお弁当袋の作り方を教えてくれとたのまれ、家によんだら
「作り方を教えるというより、全部作らされた」 そうです 

ぬか漬のナスがキレイに発色したのであげたら、
後日「キュウリが好きだから漬けてくれ」
と生のキュウリをたくさん持ってきたそうです。 

それにしても彼女、そういうキャラではなかったはずなのに....?
すごく人なつっこいけれど、学生のときはそんなじゃなかったです。
歳と共にオバさん化してるのか、叔母がそうさせる何かを持ってるんでしょう。
 
どうしても私と比べてしまい、全然違うのでかなり驚いてるみたいです。
私はあまりあれこれ人にお願いしないほうだから。

「お母さんからは教えてもらわないの?」と聞いたら
『苦手だから。お母さんに言ったら、
 “あんたには真心  おしえたやろ?” といわれた』そうで....

この親にしてこの子あり? 
関西のおばちゃんは切り返しうまいっすなぁ 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Unknown
 なんかいいお話。叔母さんとってもいい人なんだね。お友達凄いね。きっとRavさんと同じ、叔母さんを親友って思ってるんじゃないかな?
 でも、こういうのって良いね。大きな心の持ち主じゃなきゃ難しいけど、叔母さんって心の広い人なんだね。こういう叔母さんなら『嫁姑』なんて起きないだろうね。平和じゃー
Unknown
子供の頃から知ってるので自分の本当の叔母さん感覚なんでしょうね。だからって、私が彼女のお母さんにそんな風に接することはありえないから、うちの叔母がそうさせる何かをもってるんでしょう。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。