スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣のベテラン?からみた「ハケンの品格」

02/07


ハケンの品格 かなり高視聴率だそうですね。

実はわたし、派遣歴が結構長く、行った企業は軽く20を超えてます。
うち数年は大前春子のように「契約は3ヶ月以下で」という時期もありました。
彼女はスペイン、私はイタリアという違いはありますけどね。
 
残念ながら共通点はそれだけで、スーパー派遣なんかじゃないし、
マグロもさばけないし、重機やロシア語を自在にあやつることなんて出来ません。
だいたい初日からあんな態度では、自分の仕事にまで支障が出ます。
品格もなにもあったもんじゃありません。
まあムリムリな設定が前提のドラマにつっこむ私も私ですが w

チラチラ出てきた過去のフラッシュバックによると、銀行の正社員だった
時かなんかにリストラされた?ようなんで、(あっ、興銀と長銀思い出した)
「会社でのわずらわしい人間関係は排除」
「残業はせず就業時間内はしっかり働く」などの極端な態度にも
まあ理由がある訳です。 

大前春子と共通点は少なくても、共感できるところはたくさんあります。

「会社の奴隷にはなりたくありません」 
 思ってることいっちゃったよ、この人 w 
 甘えた社員をバッサバッサと豪快に切るところが気持ちいい~

「努力しない自分に対する言い訳」
 やばぁ…  でもその通り。

「小笠原さんは課のお荷物です」
 彼のようなナマコ化したのほほんオジサンは、どの会社にも一人はいます。
 癒し系なだけまだマシかな。

ドラマのように一般事務職で、時給3000円なんてほとんどありません。
これはあくまでも架空の物語です。
ご指名で再派遣になると若干いつもより時給が上がりますけど。
翻訳やIT関連など特化した専門分野なら3000円もあるでしょうが、 
あとは、Aクラスの通訳はそれ以上だろうけど、数時間のスポット的お仕事が
多いので収入は不安定のようです。 

安定的な高収入と年々昇給を求める人には不向きなので、
長期的にみると、派遣勤務は世の中の95%の人には向いてないでしょう。
単純な仕事であれば、指示をしやすい若い女性が好まれるので、
専門的な経験がないまま年をとると、仕事は徐々に減ります。
実際、私も他の業界で仕事がしたいと思っても、同程度の収入を保とうとすると
同じような仕事ばかり紹介されます。

一方、プライベート重視なライフスタイルには派遣社員という労働形態は
都合がいいです。副業だって自由だし、なにより自由を愛する私には向いてます。
多くの人と接し、会社の違いを見れるのも興味深い。

クルクルパーマの大泉洋さんのように、差別あからさまな正社員というのに
出会ったことないのは、幸いといえます。
「派遣さん」なんて呼ばれたことなど一度もありません。
しかし長年派遣で仕事をしてると、理不尽なことがないわけではなくて、
コピー機が壊れたので決められたエリアでないところで大量コピーをとってた
だけで突然契約を切られたり(謎、くだらん)、
正社員の話があったけど、考えてる内に他の正社員に横取されたり、
業績が悪くなると、能力は関係なく真っ先にリストラの対象になるとかね、
まあ私自身の力不足というのも場合によってはあります。 

それでも、メリットとデメリットを秤にかけると私にはメリットの方が多い。
たくさん行った企業の中で正社員になってもいいかなと思う職場は2社くらい
しかありませんでした。 うち一つは合併吸収されました。
逆に早く契約を切りたい仕事ほど正社員の話が舞い込みました。
いずれにしろどんな雇用形態でも100%の満足なんてありえない。
派遣で多く苦情がある人は、正社員になっても苦情が残ります。
これは日本でうまくいかないからと、安易に海外に行く人を見ればわかります。
仕事に苦労はつきものと割切り、何にプライオリティーを
置くか(収入・職種・やりがいなどの順位)を決めておけばぶれません。
セカンドビジネスもかなりの部分で収入面の不安という、
派遣最大のデメリットをカバーしています。 

ところで、意外に長引いてる柳沢大臣の発言問題。
仕事を続けてる女性(私を含める)と専業主婦である友達の意見を比べると
同じ女性でも、感じ方に温度差があります。 子供の有無よりも、
むしろ「会社という集団の中で権利というものを意識する機会の有無」と
無関係ではないのかもしれません。

女性の権利、派遣社員の権利、私は常にそれを感じながら生きてます。
でも権利の主張ばかりでは説得力に欠け、鼻であしらわれます。

主張を裏付け、守る努力をしないのは、
品格どころか、ただ「努力しない自分に対する言い訳」
に終わってしまいます。  ああ、自己反省・・・勉強しよ。 

ハケンの品格の視聴率は、初回以降あの、華麗なる一族を上回ってるんですって。
今後もどんな捨てゼリフを吐いてくれるか楽しみです。
それにしてもあの手を叩くと寄ってくるおじいちゃんの鯉ロボットの動きが
イイです。他の豪華さとあいまって安っぽさ際立っています。w

ああーまた話があちこち逸れてしまった… 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Unknown
「努力しない自分に対する言い訳」
かあ・・・俺も耳が痛いな。

最近努力してねーなー、俺(笑)


そんな俺も華麗なる一族は見てます。
白い巨棟と同じ山崎豊子さん原作でしたっけ?
あのドロドロとした人間関係はどうかと思いますが
(だって結婚前の娘が居る家庭に愛人連れ込むか?普通・・妻だけならまだしも)
豪華なキャスト陣の演技はさすが、と思います。
Unknown
>最近努力してねーなー
あんまり頑張りすぎても生きてるのがしんどくなるので、まあ程々にですね。バランスが難しいですが。

>妻だけならまだしも
娘がいないならって意味ですか?別世界の富豪ですから一昔前なら妾がいるのは普通でしょうし、同居もあったかもしれません。なんせ大奥という歴史がある国ですから。華麗なる一族のモデルは旧神戸銀行頭取の岡崎家だそうですが、ご存知でした?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。