スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァチカン美術館とラファエッロ

04/22


ヴァチカン美術館はとにかくすごい! 世界有数の美術館。
中にシスティーナ礼拝堂をはじめ10個くらいの美術館が集まってるのだから
広すぎて疲れるほど、とにかくでかい 
普通の絵画なら日本に来る可能性もあるけれど、
フレスコ画だけは壁直描きだからそうはいかない。
とにかく圧倒、圧巻! 上向いて口がポカーンと空くので注意しよう(笑) 

ではまずラファエッロ。

ルネッサンス期の芸術家の中でも、彼の色調には優しさがある。
上の『アテネの学堂』はストーリー性があって特に興味深い。

 古代ギリシャの科学者や人文学者が一堂に会する学問の理想郷を描いたもので、
中央左はプラトン(ダヴィンチ)と右はアリストテレス。階段下はエピキュロス、
ピタゴラス、ひじ打ちしているヘラクレイトス(ミケランジェロ)、
ユークリッド(ブラマンテ)など。
(  )内はルネッサンス期の芸術家の肖像画を組み合わせている。
詳しくは→ Wikipedia なぜかドイツ語しかない。

万能の天才、ダ・ヴィンチがプラトンってのは、いかにもって感じで、
ミケランジェロは偏屈で、フィレンツェではダヴィンチにケンカを売っていた
なんて話を知っていて絵の位置関係をみると、さらに興味が増す。



ラファエッロの間の中でも、第3、4室は特に見ごたえがある。

           『聖体の論議』

私が最初にイタリアに行ったのは仕事でもう十●年前になる。
そのときにも行ったけど、ス~っと通り過ぎた。そんな感じ。
なんか宗教がばっかだな、という感想しか持たない、とても貧困な知識と
興味しかなかった。 

だから今回は初めて観たような感覚だった。
興味があるなしではこれ程物事は違ってみえるのね。 

その他の写真は  4Travel.jp

何がすごいって、フラッシュなしなら写真撮り放題という寛大さ

ところで、遠い昔の初回鑑賞では並んだ記憶がないが、今回入場するまで
40分くらい並んだ。 長蛇の列はおそらく500mくらいあったと思う。
ただこれだけ大きな美術館なのでゆっくりだけど前に進むから、
それほど苦にはならなかったよ。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
おめでとう♪
 Ravさんお誕生日おめでとうぉ~。今日はどんな風に過ごしたのかな?今年もステキな一年でありますように。美味しいケーキ食べたかな。おめでとさん
ありがとう
まあ特別でもなく昼間ちょっとランチを友達として普通に過ごしました。だいたい毎年こんなもんです。イベントはあまり興味がないというか…テンションひくっ!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。