FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュピルマブ(デュピクセント)使用開始まで

06/14

このブログは長らく休止してましたが、アトピーで困ってる方のお役に立てばと再開することにしました。

ある時、抗体薬が新発売されるとのネットニュースを見つけました。
しかもほとんど副作用がないとのこと。
アトピー新薬、重症改善に光

さらによく調べたら、アメリカですでに使用した方がブログに経過を載せていました。
そして、日本でその新薬の治験体験を書いてる方もいました。
お二人ともかなりの効果があって、良好改善したというレポート!

それを読んだと同時に今年2018年4月に先生からデュピルマブの話が出ました。早く、早く!とお願いして、5月中旬から使用開始しました。
実際の効果、経過、薬価、保険、副作用、取り扱い病院、など具体的なその実体験をレポートしていこうと思います。
ちなみにこの新薬は、値段が高く、中重症アトピー患者対象です。

と、その前にまずは、この薬を使うことに至った経緯から。
生まれつきアレルギー体質で、数十年間出たり引っ込んだりを繰り返してきました。とても調子がいい期間があるかと思えば、急に悪化して顔がジクジク、赤黒くなったり本当に厄介な病気です。特に顔に症状が出るのは精神的な負担が増大します。
夜は掻き壊して血が出て痛くなってからようやく眠れるという、最悪のときもあります。そうなると睡眠不足でさらに悪化、悪循環となりQOLの低下が甚だしいです。

根本から治そうと、漢方薬を20年以上前から開始しました。
主に3つほど小さなクリニックに行き、断続的にトータル10年以上は通ったかと思います。結局、根本的な体質改善にはつながらず、1年ほど前に断念しました。

病院で調べる検査では食物アレルギーはありません。
一般的にあまり知られていない、遅延性食物アレルギーの検査をしたところ、あまりにも多くの食材に反応がでたので、すべてを止めると栄養失調になるのであきらめて、高い数値がでた大豆と卵を数ヶ月断ってみましたが、効果はありませんでした。

食事制限、規則的な生活、掃除の徹底に始まり、ステロイド、漢方、プラセンタ注射、ネオーラル、まあとにかくあらゆることを色々やってみましたけど、副作用に悩まされ、即効性、持続性がある処置法はありません。
保険の効かない有名漢方医の元へもかよって相当高額でしたが、悪化しかしませんでした。精神&経済的負担が募る一方でした。

この1年弱は近くの総合病院の皮膚科に通っています。
好酸球が非常に高いのが痒みを引き起こしてると言われました。リバウンドしたために随分前にステロイド断ちをしてたのですが、先生の説得で再開したところ、顔への効果が早く、短期間で赤みとむくみが取れました。
立ったままで360度照射できる紫外線光治療器なんていう最新機器があるのは大病院ならではですね。これによりさらに顔と首の症状は改善し、現在良好です。
肌の乾燥がほとんどなくハリももどり、ここ10年以上ないくらい安定期継続中です。

しかし体のかゆみ、特に就寝時の掻き壊しが改善しません。
という訳で、デュビルマブ(製品名:デュピクセント)を使うにいたりました。
#デュピルマブ #デュピクセント #アトピー 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
デュピクセント(デュビルマブ)のための臨時ブログ再開

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。