スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 国バラ(2)

06/05
去年の国バラでローズアレンジを見て、抜群のセンスの
良さに、すっかりファンになってしまった、
パリジャンのフラワーアーティスト・ローラン・ボーニッシュ氏。

プログラムにアレンジのデモンストレーションがあって、
時間に合わせて着席。
テーマは「フランス流バラの香りの楽しみ方」
 

これはプロバンスの庭のローズアレンジをイメージしてるのだとか。
風が吹くとユラユラ揺れる自然なかんじ~
P1260745.jpg 
あっという間に、出来上がり!

こちらは"パリからプロバンスの友人へ持っていく花束をイメージ"
とか。  大輪強香のイブ・ピアッチェがお好きなようですよ。
去年も使ってたのをよく覚えてます。
P1260734.jpg 
これだけの豪華な花束を買ったら一体いくらするのだろう?
とそんな下世話なことを考えてはいけません。
(考えずにいられない下世話なワタシ…)

そして、3つ目はローズのタワーオブジェ。
水に浸したオアシスは乾燥防止のためにサランラップを
巻いてるのだとか。 なるほど~今度マネしてみよう。
P1260738.jpg P1260740.jpg
クルクルと巻いてあるヒモのようなのは、
冬に切ったアイビーの葉っぱをとったものだそうです。

つぎは彼のコーナーへ 
プロバンスの風が吹いてます~
P1260828.jpg 
ステキすぎて、足が痛いの忘れるわっ
P1260833.jpg
こんなテーブルで食事ができたら幸せでしょうね~
このブーケは上のデモンストレーションで作ったものですね。
 P1260826.jpg
あちこちに置かれた豪華なブーケ 
P1260822.jpg
今回みてて気付いたこと 
グリーンがある程度多いほうが、上手くまとまるみたい。 
P1260819.jpg
 
この色合いが結構好き 
茶系のバラがもっと入ってもいいかも。
P1260829.jpg 
とても参考になりました~
とはいっても、こんなゴージャスな花束を作る機会はないので、
色の組み合わせの勉強ってことで。

ところで、恒例のローズコンテストにアレンジメント部門ってのが、
あって、この後見に行ったけど、ぜ~んぜん違いましたよ。
なんていうのかなぁ、月と●っぽんっての? 
一部いいのもあるけど、黄色、ピンク、赤、白、紫…なんでも
かんでも混ぜるという色彩センスがどうにもこうにも…
なにか混沌とした昭和を感じるっていうか、古めかしいのは、
年齢層がおそらく相当高いんでしょうねぇ。
一つ一つがとても美しいだけに、バラが可哀そうになりました。
(あぁ~また、毒吐いてもた…)


関連記事
スポンサーサイト
Comment
みっちさんへ
新しくこのフレームがアップされていたので、変えてみました。
素敵なブルーローズですよね~i-189
これって幾らになる?ってつい考えることありますよね~
プププッ i-229
素敵~~。
とても素敵にお着替えしたのですね、ブログ。

アレンジですか、いいですね~。
確かに何でもかんでもは 私もいやですわ~。
バラがかわいそう・・・(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン
ところで 私、庭に出て「このアーチのバラの咲き方ならいくらくらいかな~」
って思ってほくそえんだりします(^^;;
下世話で出来てるわ^^
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。