スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世界遺産】カサ・バトリョ

05/30

ガウディの代表的な建築の一つ、カサ・バトリョ

実業家バトリョ氏の依頼により、1870年代に建てられた邸宅。
テーマは 『海』 

入場料はルーブルやバチカン美術館より高いけれど、
見る価値はあると思います。個人的には今までに見た
ガウディ建築(6個くらい?)の中で一番のお気に入りです 

建築当初、「骨の家」と呼ばれていて、正面は確かに
奇抜なんですけどね… 内装がとても素敵なのです。
海中の泡を表現?しているステンドグラスがとても美しい 



どこにも角がない家。どこを見ても曲線。
見る角度によって違って見えるサロンの色ガラス 

そして、吹き抜けの美しいブルーのグラデーションタイル
海底をイメージしているのでブルーなのです。
下に行くほど窓が大きく、明るいタイル。
上に行くほど窓が小さく、濃い青のタイル。
形も大きさも光の量、強さ  を考えて全て違います。



この吹き抜け部分がとても気に入ってしまって、
ず~と見てました。


バルコニーと建物の裏側


そして屋根裏は真っ白。 何やら神聖な気持ちになる場所。
まるで巻貝の中にいるような錯覚を起こす、らせん階段。


屋上はカラフルな尖塔がたくさん、これぞガウディ 


この建築は外装こそ奇抜だけれど、
統一感と落ち着きがあり、人に優しい内装がとても素敵でした。
職人たちの情熱が感じられ、パーツの一つ一つに魂がこもった
渾身の傑作だと思います。

さらに詳しい説明と写真はこちらへ  【世界遺産】 カサ・バトリョ

バルセロナの人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター
★オススメです★

 図説ガウディ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Unknown
うわぁ・・・すごいですね~・・邸宅なんですか
階段といい、エントランス(というのでしょうか?)といい、ドアひとつにしてもどこも素敵ですね~
何時間でも居られそう・・

Unknown
みっちさん、
個人宅とは思えないすっごい豪邸でした。 内装はキラキラゴテゴテではなく、住んでみたいと思うような ドアのノブ一つにも手抜きがなくて贅沢なのです。ほんとに素敵で何時間でもいられそうだけど、時間が限られてるのが残念でした。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
東日本大震災募金
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。