Category | 栽培中Rose紹介

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガブリエル【FL 白紫系】

10/30


ガブリエル[ FL ] 四季咲き 中輪
Gabriel


花色/白~青紫色 ホワイト、センターにパープル
花径/7-10cm  芳香/強香 
樹形/シュラブ 木立性  樹高/0.8m 
花形/ロゼット咲き 花弁数/ -
作出/河本純子(日本) 2008年
交配親/ -

特徴/ 純白のセンターに淡いパープルが入るロゼット咲き。
透き通るように美しい花には、誰もが一目で魅了される。
細枝のわりに真っ直ぐ上を向いて咲き、みかけによらず花持ちもよい。
とても花つきがいい(良すぎる)が、咲かせすぎると株が弱りやすい。
上品でエレガントな香りを強く放ち、コンパクトな樹形。
エデンの園の統治者である大天使ガブリエルの名がつけられた清楚な青バラ。

鉢植向き。


耐病性★★★★☆ 耐風性★★★☆☆ 耐暑性★★★★★
強香性★★★★★ 美しさ★★★★★ 
花持ち★★★★☆ オススメ度★★★★★

購入先/ バラの家

2008年に市場に出てからあっという間に大人気となった青バラ系の一つ。
その要因は、青バラ特有の難しさがあまりなく、
花つきの良さや育てやすさが評判となったため。
そして、何より他品種に見られない凛とした美しさや、流行りの
ヒラヒラした花形、 とその上品な香りにあるといえます。
私の一番のお気に入り  2番をぐんと引き離してます。

     2010年 秋     

ウドンコには強いようで、春も秋も出ませんでした。
ただ、春にたくさん咲かせた後、3本枝枯れを起こしてしまいました。
株の割に花をたくさんつけるため、開花のために体力消費して、
弱りやすいバラなのだそうです。 夏に養生させていたら、
猛暑には案外強く葉も落とさず、復活しましたよ。

6月初旬の状態
 
    ↓↓↓
9月の秋剪定直後の状態


秋は咲いたらすぐ切る、
咲かせすぎないよう房は1つにピンチする、
などして少しコントロールしました。

9月23日、29日
 

10月2日 
甘すぎないバラの香りにラベンダーとレモンを足したような香り


その他の写真はコチラ ⇒ ガブリエルで遊ぶ

10月中旬も次々と。 一枚一枚の花びらのピコットがイイ

  ←クリック拡大


 
珍しくシベを見せました。 秋ですね。
 

どんな細枝にも、蕾を付ける(つけすぎる)品種なので、
10月下旬にも小さなつぼみがついてます。 
今年は2番までは咲かせて、あとは休眠してもらいましょう。



     2010年 春     

最初はより青色が強く思える同ヘブンシリーズのルシファーを狙ってました。
しばらくして評判をうかがってるとルシファーは多少気難しさがあるようで、
ガブリエルに人気を持って行かれた形です。
私もこのバラの画像を見るたびにその妖艶な魅力に引き込まれてしまい、
とうとう入手するに至りました。 実際ラベル写真より実物の方が美しい。
かなりオススメのバラですよ。

6号鉢 立派な大苗  1月です。
Gabriel

根元がしっかりしていていい苗です。
バラの家さんの苗は一度もハズレなしの良質なものばかり。

3月25日 5本の枝に7つほど蕾を付けてくれました 
Gabriel

一番大きな蕾 でもここからが長かった 
Gabriel

新葉  はこんな繊細で薄めです。
Gabriel

4月3日 今年は3~4月の異常な寒さで成長ストップ 
Gabriel

葉のふちが波打って、ちょこっとウドンコが出ましたが、
予防スプレーしていたので、大して広がりませんでした。

4月10日 ようやくガクが動き始めたと思ったけど、まだまだ寒い
Gabriel

3月とあまり変化がない。
Gabriel

4月14日 う~ん…ガブちゃんも困ってるみたい 
Gabriel

大天使は上がったり下がったり…
しかも、強風で蕾つきの枝が1本折れてしまいました。

4月22日 ようやくここまで…というところで、
Gabriel

私は欧州旅行  で9日間も留守にしました。
そのせいなのか何なのか、1つ目の花が虫にやられ変形したので、

5月2日 2つ目のつぼみです
Gabriel

5月4日 GWの晴天続きで、ようやくまともな変化がみられます
Gabriel

全体はこんなかんじ
Gabriel

5月5日 ようやく天使さまのご降臨  直径約9cm
クリックで拡大

ヒラヒラした花びらと見た目そのままの上品な香り 
その妖艶さにしばしウットリです 
『先日、わたくし、ご同士である聖ミカエル様に
お会いしてきましたわ。モン・サン・ミッシェルの天辺で
勇ましく輝いておられました。』
とひそかにご報告 

5月5日 嬉しくて独り大撮影会 
Gabriel

5月6日 しつこくてすみませんが、 まだ続きます。
Gabriel

3輪一緒に咲きました。 
Gabriel

切って部屋に飾りました 
Gabriel

Gabriel

5月8日 花持ちも中々よく、
Gabriel

5月10日 5日間ほどキレイに咲いてました。
Gabriel

花びらがしっかりしていて、切り花にしてからも花形が乱れません。
紫は退色して白くなるかと想像してたけど、
最後まで残ってたのが嬉しい誤算でした。

あらゆる意味で、ここ数年で最高の出来のバラの一つだと思います。
超オススメ品種です。

 ※ガブリエル (HS白)大苗 6号鉢

        

ところで、このバラは、大天使ガブリエルの名がつけられてます。
宗教画として多数存在する、マリアさまに“受胎告知”している天使は
このガブリエル。

 ダ・ヴィンチ作 ウフッツィ美術館所蔵
 Annunciazione di Lenardo Da Vinci

 ラファエロ作 
 Annunciazione di Raphaello

イタリアではどの有名美術館・教会にもあるこの受胎告知(Annunciazione)、
見るたびに友人が“これはアヌンチャッツィオーネだ”というもんだから、
なぜかこんな使えない、難しい単語を覚えてしまいました。
イタリアで飽きるほど見てるので、(10や20どころではない)
天使の中で一番馴染みがあります。

 Jose Camaron Bononat作 スペイン
 San Arcangelo Gabriele
スポンサーサイト

レディ・エマ・ハミルトン【ERオレンジ系】

10/30

レディ エマ ハミルトン [ ER ] 四季咲き 中輪
Lady Emma Hamilton (別名:Ausbrother)


花色/オレンジ、赤、黄色
花径/8-11cm  芳香/強香 フルーツ
樹形/半直立性 シュラブ 樹高/約1.0m 
花形/カップ咲き 花弁数/35-40枚
作出/David Austin(イギリス) 2005年
交配親/ -

特徴/ イングリッシュ・ローズの中ではきわだつ明るい色。つぼみは暗い赤にオレンジがかかった色。咲くとタンジェリン・オレンジと裏側が黄色がかったオレンジが混ざりあう。散る直前は薄いピンクに変化。ダークグリーンの葉に赤茶色の枝が個性的。非常に強いフルーツ系の香り。柑橘類に甘い花の香りが混ざった心地よい芳香。
エマ・ハミルトンはネルソン提督の恋人の名で、トラファルガーの戦いから200周年を記念して名づけられた。

初心者、鉢植向き。ベランダ向き。


耐病性★★★★★ 耐風性★★★★☆ 耐暑性 ★★★★★
強香性★★★★☆ 美しさ★★★★★    
花持ち★★★☆☆ オススメ度★★★★★

購入先/ 国際バラショウ(美野里フェイバリットガーデン)

     2010年 秋     

記録的な猛暑の中でもほとんど葉を落とすことなく、
秋もたくさんつぼみをつけてくれました。
樹高を低く保つため、他の鉢の全面に持ってくるのにちょうど良い感じ。
これって結構貴重なタイプかもしれません。
今のところ、ハダニやうどん粉にはまったく出ず、育てやすいです。

10月17日 秋の花弁は少なめのため、蕊がはっきり見えてます。 


香りは、子供のころ好きだったケロッグ
フルーツミックス コーンフレークの香りがしました。
カラフルなオウムの絵のやつ知ってる人いるかしら?
  ← クリック拡大

10月19日 夏は樹高が伸びることなく、樹高40cmほど。
 クリックで拡大

10月25日 散る直前。気温が低いので長持ちしました。
 クリックで拡大

散る間際がまたセクシーなのは、さすがネルソン提督の愛人
 

散った花弁はピンクと黄色。


     2010年 春     

5月16日 蕾が9個もついた立派な大苗
 

5月20日 1つだけ先に蕾が色づいてきました。


赤が混じってますね 


これぐらいもイイわっ 


5月25日 鮮やかなオレンジで咲きました。 
ものすご~く素敵な甘いフルーツの香り。 11cmの大輪
ちょっとキンモクセイの香りも交じってる感じかな。


後ろ姿も美人さん  クリックで拡大
 

5月27日         5月29日
 

ところで、強風のせいで枝が一本折れそうになりました。
その対策として、ひもをぐるりと巻いてあります。


葉が多いと風通しが悪くなるので注意が必要だけれど、
横張りタイプのバラの台風時や、強風ベランダには
有効な対策だと思います。 
麻ひもだと色が馴染むので邪魔になりません。

うどんこ気味の鉢が隣にあっても、全く感染の兆候がないので、
かなり強健品種のような気がします。
アブラムシもなぜか1匹も見当たりませんでした。

さて、少し遅れて、蕾5つが一度に膨らんで、
一斉に咲いてくれました 

6月4日 今回はまとまって咲きましたよ 


6月3日、4日、5日
  

キレイだからって、好きだからって写真撮りすぎ 


でも選べないから、全部載せちゃえ 
  
  クリック拡大

このバラ、夜になると少し花が閉じるんです。
ジャクリーヌ・デュ・プレ以外でそういうのは初めてだけど、
ERってそうなの?

6月7日 アプリコット&イエローも美しい 
 

やっぱり強香種はあまり花持ちが良くないけれど、
とにかくバラに囲まれてPCに向かうと、指がスムーズに動くようです。
  


★ネットならこの店がオススメ★→



★こんな鉢が似合いそう?★

推定クイーンエリザベス?【ピンク系】

10/24

推定3-40年ほどにもなる祖母が育てていたピンクのバラ。
正確な品種はDNA検査でもしない限り、永久にわからないけれど、
その超強健で放置しても育つ、樹形、花形などの特徴から、
クイーンエリザベスだと思ってました。 が、しかし疑惑が…
花の色形がずいぶん違うようです。
実家の40年バラが咲いたところを長年見てないので分かりません。
葉は濃いめの大きな照り葉、トゲはそこそこ。
特性や樹形などは、クイーンエリザベスにそっくりです。

これじゃないか?!と思う方がいたら是非おしらせください

クイーン・エリザベス [ GR ] 四季咲き
Queen Elizabeth
(別名:the Queen Elizabeth Rose / Queen of England)


花色/桃色 明るいピンク 
花径/10cm  芳香/中香 ティ系
樹形/直立性  樹高/1.5-2m 
花形/高芯~丸弁平咲き 房咲き 花弁数/20-35枚
作出/ Dr. Walter E. Lammerts(アメリカ) 1954年
交配親/ Charlotte Armstrong × Floradora

特徴/ 耐病性、耐暑・耐寒性が非常に高く、手がまったくかからない
グランディフローラ* 系の第一号。 
英国エリザベス女王の名の代表的な大輪の名花。
樹高が高めだが場所は取らず、四季を通じてよく咲く。
その優れた性質から数々の交雑親としても有名。
エリザベス女王の住むウィンザー城には数千本のクィーンエリザベスが
栽培されている。

1955年AARS受賞、他5つの国際コンクール受賞。
1979年世界バラ連合殿堂入りで長く愛されている。

超初心者向き

* グランディフローラとはHTとFLの間。良いとこどりした系統。

耐病性★★★★★ 耐風性★★★☆☆ 
強香性★★☆☆☆ 美しさ★★★★☆ 
花持ち★★★★☆ オススメ度★★★★☆

     2010年 秋      

2月には割りばし大のただの“棒”だったのが、
ベイサルシュート(サッカー)が出てこんなに立派になりました。

10月1日 9月中旬から半月で伸びた枝の長さ(黄緑部分)に驚き!
 

10月5日 新苗なので房咲きの両脇をピンチ


10月13日              10月14日 細い蕾が特徴
 

10月15日              10月16日 いよいよ!
 

10月17日 あれ?春と同じで色が薄いですね?
  まあそれはほとんど日蔭だし、新苗だからあり得るとしても…
クリック拡大
咲く直前の蕾が長細く、花びらがあまりヒラヒラせず、
半剣弁といったかんじ。

10月18日 花径約10cmほど


ある方がこの花を見て調べてくださったところ、
親戚関係にある、サマークイーンではないか?とのこと。
来春に安定したところでもう一度確認してみますが、
クイーン違いかもしれません。

まあ分からなくても、『ミア・ノンナ』に命名です。
超強健ってとこが、何ものも恐れぬうちの祖母にピッタリかも~


     2010年 春      

短期間でこんなに立派に 


5月 蕾が付いたので、咲かせてみます。
しかしこの傷はなんでしょう?
  

5月16日 形はいまいちだけど咲きました。


今後、どんなふうに育って花が変わっていくか、楽しみです。
このバラに付けた別名【Mia Nonna(ミア・ノンナ)】
(イタリア語で“私のおばあちゃん”)


     2010年 冬      

去年春に挿し木をお願いしておいた苗を秋に実家から貰ってきました。
しゃくとり虫が数匹ついていて穴だらけです。 1月




2月に剪定しました。 ただの棒…


こちらが親木。樹齢推定40年バラの剪定

   2009年 冬  

私の祖母は庭仕事が大好きで、いつも植木をいじってました。
特に好きだったのは菊とさつきだったんだけど、少しバラもありました。
そのうちの1つがこの写真。 淡いピンクのバラ(HT木立性)です。
祖母が数十年前に入院してからは叔母Sが掘り出して、
引越しをして今に至ります。

推定30年以上ともなると、太い幹は7-8cmほどもある
立派な“木”  になってます。
叔母Sはまったくバラのことなど知らず、
いつも超テキト~に切っていたとのこと。 
マジマジとみるとバランスわる~~~ 
長年放置されっぱなし、肥料も適当、虫つき放題で
かなりたくましく生きてきた姿です。

私はちょっと勉強をしたのをいいことに、えらそうに説明なぞをしながら、
年末帰省のときに早めの剪定をしました。
新芽が細すぎてどこで切っていいんだか、よく分かりません。
だからといって、古枝には新芽が見えないから下手に切ると、
ショック死してしまうかも…

ということで、こんな中途半端なヒョロ長い剪定になりました。
祖母のバラの拡大画像
ベイサルシュートが出るといいんだけど、もうムリかもと思ったので
もう少しマメな叔母Cに、この春の挿し木をお願いしました。

今まで野生な状態で育ってきたのでまあ大丈夫でしょう。 
いきなり過保護にしちゃ逆にビックリだろうしね。

名前は不明なんだけど、何かなぁ…
木立、微香、ライトピンク、さらにかなり古いハイブリッドティ
ということでかなり絞り込まれると思うんだけど、
クイーンエリザベス、レジェンダリー、キラーニー、
ロイヤルハイネスあたりかな。
もしかしたら、HT第1号のラ・フランスかも知れない。

 

これは今部屋にあるうちのバラ  3品種。
この時期、負担がかかるので、咲く前に切ってやりました。
赤と緑の蕾がカワイイ 
それにしても肥料切れ&寒冷の中、よく咲くよな…

ハニーブーケ【FL黄系】

10/24


ハニーブーケ [ FL ] 四季咲き 中大輪
Honey Bouquet (登録名:JACyimp)


花色/杏黄色 イエロー
花径/9-11cm  芳香/中香
樹形/半直立性  樹高/0.9-1.2m 
花形/半剣弁抱え咲き 花弁数/17-30枚
作出/Dr. Keith W. Zary Jackson & Perkins社(アメリカ) 1999年
交配親/ -

特徴/ 優しい花色と丸弁の花形が可愛いバラ。外見から想像する通りの清々しい芳香が魅力。樹勢が強くシュートが出やすい。 若干新葉がウドンコにかかりやすい傾向にあるが、しつこくはない。 アメリカ産らしく耐暑性は抜群に高い。
初心者、鉢植向き。


耐病性★★★★☆ 耐風性★★★★☆ 
強香性★★★☆☆ 美しさ★★★★☆ 
花持ち★★★☆☆ オススメ度★★★★☆

購入先/ バラの家

     2010年 秋     

記録的な猛暑をものともせず、一番元気が良かったバラ。
秋も安定しています。
  

 
シュートがたくさん出過ぎて、あちこちに引っかかり、
若干戸惑い気味だったりします。

     2010年 春     

 
秋にシュートが出て、この春も一番にベイサルシュートを出した
のはこのバラでした。
花つきはいいけれど、まだ一度も房咲きになったことがなく、
HTのようにとても立派な花を咲かせます。

     2009年 秋     

 9月21日 ライムのようにコロンとしたつぼみ 
 Honey Bouquet

 9月22日 レモン?
 Honey Bouquet

 9月23日 9月はまだ暖かいので開花が早い
 Honey Bouquet

 9月24日 あっという間に満開!
 Honey Bouquet

 なんで、別のをアップしときます。
 クリック拡大 HB

 9月27日
 Honey Bouquet

 全体はこんな感じ。 夏越えは上手くできたようです。
 Honey Bouquet

このバラは全体的に優等生というか、とてもバランスがいいです。
明るいグリーンの丸い葉っぱ、樹勢の強さ、花つきの良さ、
香り、蕾の形、そしてもちろん花の美しさ、元気の出る鮮明な黄色、
黄色いバラがこんなに良いとは、正直思ってませんでした。

 根元をよくみてみたら、ベイサルシュートがまた2本も出てます
 Honey Bouquet

根っこの割に枝が多すぎなので、手前の1つはとってしまいました。
シンギン・イン・ザ・レインもそうだけど、1年目からこんなだと、
来年はどんだけ大きくなるのか楽しみでもあり、ちょっと怖い気がします。
FLだからあんまり大きくなることはないと思うけど…?

ハニーブーケ (FL淡橙・黄) 新苗 6号鉢植え品 ●

 
初心者向け☆バラ栽培スタートセット 用土&鉢&肥料&薬剤&剪定鋏



     2009年 春 新苗     

2週間前に苗が届いて、1週間前に4号→6号に鉢増しをしました。
順調なんで、一つだけ咲かせてみます。

 6月26日 一番小柄なのに、新苗のうちで一番早く開花しそう
 Honey Bouquet

 6月28日 暑いから展開も早い
 Honey Bouquet

 6月29日 開きかけたので撮影後、早々に剪定 
 Honey Bouquet

花びらに透明感があり、最初は爽やかな香りがしますが、
徐々に香りが変化するのも面白いです。

 6月30日 約9cmと初花にしては大きく可愛い 
 クリック HB

いや~ん、めっちゃ萌え  です(←死語…間近?)
梅雨時に爽やかな贈り物。

 7月2日 2日経ってもこの姿をキープ。
 

初の黄色いバラですが、一つあるととても新鮮です 
レモンに蜂蜜をかけたような色合いが素敵!
どの花にも合う色ではないけれど、期待以上かな。
今後は秋まで摘蕾をして、大事に管理します。

 ハニーブーケ(FL杏)大苗

【フロリバンダ】ハニーブーケ(二年生国産大苗予約)7号鉢植え

“夢”【HT橙系】

10/23

夢 [ HT ] 四季咲き 大輪
Yume

花色/オレンジ    芳香/中香
花形/半剣弁高芯咲き 花径/10~12cm 
樹形/半横張り性 樹高/1~1.3m
作出/京成バラ園 1994年

ボリュームのある花はシャーベットオレンジが鮮やかで美しい。色で想像する通りのフルーツの甘い香り。コンパクトな樹形で鉢植えしやすい。


初心者、鉢植え向き

耐病性★★★★★ 耐風性★★★★☆ 
強香性★★★☆☆ 美しさ★★★★☆ 
花持ち★★★☆☆ オススメ度★★★★☆

入手先: 京成バラ園

ずっと探していたオレンジのバラ。
思い出があって最初に手に入れたので思いもひとしおです。

     2010年 秋     

去年とは一転、とても調子がいいですよ。
詳しくはコチラ ⇒ ズームズーム♪


     2010年 春     

去年の春の不調から、秋にはベイサルシュートを出して復活 

真ん中の青々してるのがそれ。

 

     2009年 春     

去年はあんなに元気が良かった夢。
鉢増しをしたら、根の成長がストップしてしまったようで、
元気がなくなりました。 でも枝葉が病気になるでもなく

 冬眠から覚めてないかんじ。
 

思い切って4月上旬に引き抜いて、湿った土に荒い土を混ぜ、
出開き芽を切ったところ、新芽が出てきました。
 Yume

 5月 なんとか1つだけ咲きました。
 

甘くて爽やかな良い香りがします。

   2008年 新苗   

 6月
 

 

 

 思った通りの夢のような色です。

 yume
 超美形なバラ ですね~ ふんわり爽やかな香りもします。

 

全体のバランスもよく、葉っぱの色や形など
比べると4つの中でこの樹形が一番好きです。
スクスク育ってまだ虫も病気もありません。
(他の3つはなにかしらありました)

 

 同じ花ですよ。
 光の当たりかたでこんな表情も見せてくれます。

また秋に素敵な花を見せてね。 

 バラ苗 夢 

モーリス・ユトリロ【HT赤系黄白絞】

06/28


モーリス ユトリロ [ HT ] 四季咲き 中大輪
Maurice Utrillo
 (別名:Delstavo)

花色/赤系 白・黄の絞りが入る 複色
花径/8-10cm  芳香/中香
樹形/木立性  樹高/0.8-1.2m 
花形/セミダブル 花弁数/ 20-25枚
作出/G.Derbard(フランス) 2004年
交配親/ -
購入先/ バラの家

特徴/ デルバール・ローズドゥペントゥールシリーズの一つで、画家ユトリロにちなんだ、個性的な品種。マジェンタが入った赤にクリーム色や白の絞りが入る。とても濃いグリーンの葉と多めのトゲが印象的。 花持ちもよく、ウドンコなど病害虫に強い。

初心者、鉢植向き。


耐病性★★★★★ 耐風性★★★☆☆ 
強香性★★★☆☆ 美しさ★★★★☆ 
花持ち★★★★☆ オススメ度★★★★☆

初の絞り、ストライプのバラ。
国際バラショウで見て、しばらく経っても“気になる”状態が続いたので
新苗入手しました。 絞り初にしては超個性的だけど、中途半端な
グラデーションよりこれくらい方がパンチが効いてて好きです。w
たくさんのユトリロの写真をみると、
様々な顔を見せてくれそうで、変化を楽めそう。

 2009年5月 国バラで見て一目惚れ  
  苦手な絞りが並ぶなか、これだけは許せると思った 
 Maurice Utrillo

     2010年 春     

秋に咲いたのでもうコガネ幼虫はいないとばかり思っていたら、
冬に植替えしたときに、ゴロゴロ出てきました。ビックリ!
根が半分ないのに全く気付かないくらい、よく元気でいたなと感心しました。

 ↓こんなに元気に!
 



 
 


※モーリスユトリロ(Del絞)6号鉢植え品 


     2009年 秋     

9月にコガネムシの幼虫に少しやられて、つばき油粕で退治したら、
ちょっと遅れて蕾が上がりました。
そんなわけでこの秋の花つきは余り良くなかったけれど、
たいして弱ってないだけ、強い!  感心しました。

9月末に2つだけ咲き、絞りは少なめでした。
 
 国バラのと同じ品種とは思えないですよね? だから面白いんです。  
 Maurice Utrillo

 光に透けた色合いが鮮やかです 
 Maurice Utrillo

 横顔の奥には黄色が見えて神秘的 
 Maurice Utrillo

 後ろ姿も麗しい
 Maurice Utrillo

 アップもどうぞ。
 Maurice Utrillo

 Maurice Utrillo
 

     2009年 春 (てか…初夏)     

 7月1日 6月中旬に新苗入手。
 Maurice Utrillo

ハダニが好きそうな濃いしっかりした葉っぱ。
少しかすれてきたけど、ガンバレ~~~

 7月3日 出てるねぇ、絞り  撮影後、即カット
 Maurice Utrillo

ベビー苗なのにベイサルシュートが出ました。
めちゃくちゃ育ちが早く、わき芽の5倍くらいのスピードで伸びます。
なんと4鉢届いた新苗のうち、3苗(内1つは確認中)?に
ベイサルシュートが出たんですよ。 すごい確率!
さすが、バラの家さんの苗は根がしっかりしてる証拠ですね。

しかしこの新枝に関しては喜んでいいんだか微妙…
何もこんな場所に出なくても、いいじゃない?
バランスを取るのが難しいんだって~ 
 Maurice Utrillo

それにしてもものすごいトゲの数です。
↑販売サイトじゃ、こういうネガティブなことは書いてないけど、
個人サイトでは正直に書くよ~ w 書かなきゃね。
上に行くほど少なくなるので、切り花のステムは大丈夫。

 7月4日 直径7cm この花形!がお気に入り 
 クリック MU

苔、きのこ香 って一体どんなの?っておもったけど、
たしかにちょっと青っぽいけど、ムスク系の甘い香りも入ってて、
いい香りです。 私はダマスク系よりこっちのが好きです。

 7月7日 花持ちもよいかんじ。
 

いいですね~  デルバールローズ  

バーリ・フォーエバー【MIN赤系】

06/28


バーリ・フォーエバー [ MIN ] 四季咲き 小輪
Bari Forever


花色/赤 レッド
花径/3cm   芳香/微香
樹形/半直立性   樹高/20-25cm 
花形/丸弁ロゼット房咲  花弁数/60-70枚
作出/ Rosa Eskelund, Forever Rose社(デンマーク) 
交配親/ -

特徴/ これぞ赤バラ!という混じりっけのない赤が鮮やか。小さいながらもその姿は一際存在感が高いバラです。かなり房咲きになるので一度に咲くとさらに華やかな印象で、繰り返しよく咲く。バリというのはインドネシアではなく、イタリア南部アドリア海に面した町の名前で温かいイメージに合っている。
若干ウドンコになりやすいが、蕾を落とすことはない。

初心者、鉢植向き。


耐病性★★☆☆☆ 耐風性★★★★★ 
強香性★☆☆☆☆ 美しさ★★★☆☆ 
花持ち★★★★★ オススメ度★★★☆☆

購入先/ セントラルローズ

     2010年 春     

3-4月は悪天候だったため、2番花の方がたくさん綺麗に咲きました。

  


真紅の赤。深く心に染みる花。バリ・フォーエバー(ココポット仕様)

     2009年 冬     

 12月5日 購入時
 Bari Forever

 葉  も深緑でツヤツヤ
 Bari Forever

 1cm程のつぼみがたくさん 
 Bari Forever

 Bari Forever

 12月15日ごろ
 Bari Forever

 Bari Forever

 1月9日ごろ
 Bari Forever

 ミニバラたちを切って飾ってみました。赤は存在感たっぷり 
 


真紅の赤。深く心に染みる花。バリ・フォーエバー(陶器仕様)

初めての方でも安心!便利なお試しちょこっとキット♪【送料無料】

プランターを安定させてキレイに見せる!プランタースタンド

スール・エマニュエル【Sピンク系】

06/22


スール エマニュエル [ S・DEL ] 繰り返し咲き 大輪
Soeur Emmanuelle
(別名:Chant Rose Misato / DELamo / Dieter Muller)


花色/桃色 ピンク、ライラックピンク
花径/8-10cm 花形/カップ咲き 花弁数/25-40枚
芳香/強香、ラベンダー、アニス、バジル、フェンネルの香り
樹形/シュラブ、直立性  樹高/1.0-1.5m 

作出/Georges Delbard(フランス) 2004年
交配親/ -

特徴/ ラベンダーがかった濃いピンクの蕾から、徐々に薄いピンクに変化する様はとてもドラマティック! 何度見ても飽きることがない。カップ咲きの花形は安定した大輪房咲きで非常に美しく香りも良い。枝がしなやかで上手く誘引すればショートクライマーにもなる。  ピンクのバラは数あるけれど、蕾と花のグラデーションと房咲きの特徴からこの品種は判別できる個性を持つ。 ダークグリーンの葉は病害虫に強く、しなやかな枝は耐風性もある。
日本ではシャンテ・ロゼ・ミサトで流通しているが、国外では、スー(ル)エマニュエルの名が一般的。ドイツの元サッカー選手ミュラーの名も持つ。

初心者、鉢植向き。


耐病性★★★★★ 耐風性★★★★☆ 
強香性★★★★☆ 美しさ★★★★★ 
花持ち★★★☆☆ オススメ度★★★★★
 ←確認中

「貧しき者たちのシスター」の名がついた強く美しいバラです。
スール(シスター)エマニュエルは、2008年に99歳で亡くなった
フランスのマザーテレサと呼ばれる国民的人気の女性。
その葬儀はパリのノートルダム大聖堂で行われ、
現サルコジ大統領も出席し、国営テレビで生放送されました。

     2010年 春     

2月中ごろ。そして、右は剪定後。 
紅葉した葉っぱもとってしまいました。
 

根元から数センチ離れたところにベイサルシュートが出てます。
とても元気が良くて、すぐに蕾がついたから急いで摘芯!

4月10日    6月6日   同日 先端に付いた蕾
  

6月12日 蕾が2つついてたので1つ摘蕾


6月17日 クリムゾンレッドのつぼみ 


6月18日 この劇的な色の変化がこのバラ最大の特徴


6月19日 そしてこの色合いが魅力 


その名に相応しい凛とした姿 


6月20日この日はすごい強風で、部屋に入れてやりました。花径9cm


「愛は永遠  愛は死よりも強い。」
スールエマニュエル
私はこの名がお気に入り 
シャンテ・ロゼ・ミサトもいいけど、ちょっと格が違うというか…
この寛容で豊かな姿に相応しい素敵な名前があるのに、
なぜそのまま売り出さなかったのかな?と思うほどです。

クリックで拡大 
 

香りは甘いミルラ香がして、
カタログどおり、ちょっとハーブっぽい感じもします。
今のところ病害虫と無縁なのが、さすがデルバール 
根っこは見えてないけど、鉢が小さいので鉢増ししてやる予定。
秋に房咲きのグラデーションを見せてくれるでしょうか?



オスロ・フォーエバー【MIN 杏桃系】

06/15


オスロ・フォーエバー [ MIN ] 四季咲き 小輪
Oslo Forever


花色/杏-桃色 アプリコット~ピンク
花径/3-5cm   芳香/微香
樹形/半直立性   樹高/20-25cm 
花形/半高芯剣弁咲  花弁数/40枚
作出/ Rosa Eskelund, Forever Rose社(デンマーク) 
交配親/ -

特徴/ ピンク色とも、アプリコット色ともいえる微妙な色合いが特徴。不思議な雰囲気を持ったこのバラは、樹勢もたいへん良く、秘めたる強さを感じさせてくれる。咲き始めは波弁で次第に剣弁咲きに変わり、咲き始めから終わりまでの表情の変化のほか、季節による変化も楽しむことが出来る。オスロはノルウェーの首都。

初心者、鉢植向き。


購入先/ セントラルローズ (ミニバラ専門店)


     2010年 春     

5月 一番花
 

6月 二番花の方がたくさん房咲きになりました。


 

     2009年-2010年 冬     

 12月5日 購入時 バーリ、ニューヨークともう一つはこのオスロ
 Oslo Forever

 3つの中でこの色が一番好みかな 
 Oslo Forever

 なんとも言えない色が魅力
 Oslo Forever

 Oslo Forever

 ライトピンクもイイ感じ 
 Oslo Forever

 届いてから10日後
 Oslo Forever

ミニバラはどの品種も花持ちが良いのが特徴です。
特に冬もたくさん咲くものが多いので、中大輪しか持っていない方は、
いくつかミニバラを揃えると冬のガーデンの色どりになります。 

 3種類の真ん中がオスロで、その下のハンギングは超多花のラブリーモア

 


ピンク色+アプリコット色のミニバラ♪オスロ・フォーエバー(ココポット仕様)
表情豊かなミニバラ♪オスロ・フォーエバー(陶器仕様)

初めての方でも安心!便利なお試しちょこっとキット♪【送料無料】

 ワイヤープランターハンギングラック

ジャクリーヌ・デュ・プレ【S白】

05/22


ジャクリーヌ・デュプレ [ S ] 繰り返し咲き 中輪
Jacqueline du Pre (登録名:HARwanna)


花色/ホワイト
花径/7-10cm  芳香/強香 ムスク香 スパイシー
樹形/半つる性・シュラブ  樹高/1.5-2.0m 
花形/カップ~フラット 花弁数/10-15枚 セミダブル
作出/Harkness 1988年
交配親/ Radox Bouquet × Maigold

特徴/ 純白の花びらに赤い花芯のコントラストが印象的でとても美しい。繰り返し咲きだが、四季咲き性の要素もあり、咲かせ続けるとコンパクトに仕立てられる。42歳で夭逝したイギリスの天才チェリストの名がつけられた。美しいシベはMaigoldを強く引き継いだと思われる。

初心者、鉢植向き、耐寒性に強い。半日陰にも向く。


耐病性★★★★☆ 耐風性★★★☆☆ 
強香性★★★★☆ 美しさ★★★★★ 
花持ち★★☆☆☆ オススメ度★★★★☆

トゲは少なめなので葉の耐風性は強いが、花の耐風性は弱い。

購入先/ バラの家

ハークネスローズのシュラブ系を初入手。
あるバラの本に載った写真をみて一目惚れした個性的なバラ 
シベが丸見えのバラは基本好みではないけど、
これはシベこそが美しく 、黄緑色の葉  もキレイです。 
日差しを常に確保するのが難しいベランダで、
半日陰に強いというのは嬉しい品種です。 
実物を見たのは 国際バラショウ。
コンテスト出品の鉢が見事で、購入を決めました。

     2010年 春     

うちでこの春一番に開花したバラがジャクリーヌでした。
立派なオベリスクに仕立てて大きくなることを願ってたけど、
葉は少なくてミニバラのように小さく、あまり枝が伸びませんでした。
水揚げもいまいち良くないので、活性剤を遣りつつ様子をみてました。
すると、一応全てのシュートに蕾を付けてくれて、花は大きかったです。
中々思うようにはいきませんねぇ… 

4月10日      5月2日 1つ目の開花はもうすぐ
 

咲き始めは薄いピンク、この状態は早朝の一瞬


最初、シベが白っぽかったけれど、次つぎと咲くたびに
私の好きな赤が鮮やかになっていきました。
  



5月中旬 やっと赤くなりました


今は6月、相変わらず葉はあまり成長しないけれど、
2番花の蕾がチラホラ。 秋まで咲かないと思っていただけに意外です。
これはどうやらもう少し窒素分の多い肥料をやった方がいいのかも?
バラの声に耳  をすましてますが、う~ん… 


★オベリスク↑にピッタリの鉢★




     2009年      

 7月1日 新苗なのに6号鉢で届きました。
   これはラッキーだけど、おまけのハダニはいらん
   トウガラシエキスで一発撃退 
 Jacqueline du Pre 

半ツル性の細枝なので、支柱を増やすかオベリスクが必要そう。 
数ミリの蕾が3つついてたけど、1つだけ残します。

 7月9日
 Jacqueline Du Pre

 7月10日 強風避難中
 Jacqueline Du Pre

 7月11日 あれれ?ほんのりピンク色。 風で傷が(ToT)
 Jacqueline Du Pre

 7月12日 は、はやっ!完全開花させてしまいました。
 Jacqueline Du Pre

そうそう、この赤いシベが見たかったんです 

 カットして、水差ししておいたら… (クリック拡大)
 クリック JDP

 なぜか、半分閉じはじめました 
 普通切ると開きだすんだけど、これは閉じながら枯れるんでしょうか?
 Jacqueline Du Pre

香りはとても個性的… と、原種に近いシュラブを他に持っていない
わたしが感じてるだけで、これが普通なのでしょうか?
ムスクというより、ミルラ香に山椒を混ぜたような、
スパイシーな強い香り
を放ってます。
ジャクリーヌ本人が病気で目が見えなくなっても、
この香りが分かったという話に納得。 かぎ分けできます。

 Jacqueline Du Pre
 私の古デジカメではこの接写が限界です。

 9月には枝が伸びてワサワサッ!
 Jacqueline Du Pre

支柱3本をくくりつけただけの“なんちゃってオベリスク” 150円(安!)
まだ繰り返し咲く程のパワーはありません。

 ジャックリーヌデュプレ(Sh白)大苗

ポンポネッラ 【FLつる濃ピンク系】

05/20


ポンポネッラ [ CL FL ] 四季咲き 小~中輪
Pomponella  (別名:KORpompan)


花色/ダークピンク 芳香/微香
樹形/つる性 樹長/ 1~3m 樹勢/強い
花径/3-5cm  花形/丸弁抱咲き・半剣弁
作出/コルデス W. Kordes & Sons (ドイツ) 2005年
交配親/不明

特徴/丸い蕾とディープカップの花形は名前の通りポンポンのように可愛らしく、ノスタルジックな雰囲気のバラ。10~15輪の房になることがある。ツヤのある丸い葉は深緑で花を引き立てる。繰り返し咲き、花もちがよく、アーチなどいろいろ仕立てて楽しめる。わずかに青リンゴのようなさわやかな香り。遅咲き。葉が小さいので耐風性あり。黒点病に強い強健品種。2006年ADR受賞。2006年 Lyon Certificate of Merit。2007年Kortrijk銀賞。 2008年Orleans Certificate of Merit。2008年 Hague 銅賞。

初心者、フェンス向き。


耐病性★★★☆☆ 耐風性★★★★★ 
強香性★★☆☆☆ 美しさ★★★★★ 
花持ち★★★★★ オススメ度★★★★☆

購入先/ バラの家

バラの家の福袋に入ってました。
2005年作出だから、まだ新種の部類ですね。
そういえば、グルスアンアーヘンはフロリバンダ第1号で、
これは2008年に市場にでたばかりらしいので一番古いのと新しいFLを
偶然、持つことになったようです。
ADRはドイツで"無農薬栽培でも一定の生育をする品種が選ばれる"のだそうです。
無化学農薬で確認、実験中。

     2010年 春     

オベリスク仕立てにしました。


今年はおそらく日照不足で全体的に色が薄めです。
実は青っぽいピンクはあまり好きじゃなかったけれど、
一つあるととてもベランダが華やかになり、
かなり気に入ってます。 

変化の具合など詳しくはこちらをご覧ください 
 ポンポネッラのオベリスク

ポンポネッラを中心に作った、アレンジメント 
 

さらに今年秋どうなるか、見るのがちょっと楽しみです。

     2009-10年 冬     

四季咲きらしいけど、秋には咲きませんでした。
まだ株が充実していないのかもしれません。

3月 ポンポネッラの芽かきへリンク

2009年12月 つるバラ剪定と誘引へリンク


※ポンポネッラ (Ant桃) 国産苗 新苗
このショップは良い苗が届きます 

     2009年 春     

 2009年4月上旬 うどん粉がチラホラ 大丈夫? 強健に期待。
 

 4月中旬 現在30個ほど蕾ついてます。 
 

 4月29日 花首の白いうどん粉をセスキ水でふきつつ…
 Pomponella

 5月3日 花びらが半透明でロウ細工のようです。
     チマチョゴリのようなとても華やかなピンクで、
     明るくてキュートな印象のバラです。
 クリック pom

 5月3日  なんとか開花しました。
 心配だったウドンコの影響は見られません。
 

5月6日 直径5cmほどだけど、数で勝負!
 クリック pom

 5月8日 これくらいが一番見ごろといえるかな
 クリック pom

うどんこのせいで蕾が10個以上落ちてしまいました。
 

 5月12日 満開   
 クリック Pom

最初の枝ぶりからちょっと嫌な予感がしてましたが…
ご覧の通り、片側に寄っていてかなり横張りでバランスが悪いです。
片側の枝にばかり栄養が偏ってしまって、反対側はブラインドばかり。
次の冬は思いっきり切って整えることにします。

 5月15日 頭が下がってきたので、全部カット 
 

濃いピンク→ライトピンク→ライラックピンクに
変わっていく様がとても可憐な品種。 
咲き始めから約2週間、花もちがとても良いのは抱咲きならではですね。
部屋にあっても見るたびにハッ  っとさせられます。

つる性なのに四季咲きということで、今後も経過を見ていきます。
横広がりになるから樹形を保つのが大変かも…

退色したポンポネッラ

7月に2番花も咲きましたよ 

    

すっごく立派な大苗6号鉢 が届きました。 2009年1月
 

実際は↓の色とはちょっと違って、この春はピンクが強く出ました。

購入先/ バラの家 

やや広がる樹形を手軽に整えるのには、
枝同士で支えることもでき、目立たないフックが大活躍♪
 【Bells More】ローズフック

わかな(白のかくれんぼ・Rosa de col)【HT白系】

05/11


わかな [ HT ] 四季咲き 中~大輪
別名/Rosa de Col (=キャベツのバラ)、白のかくれんぼ

花色/白と緑 花径/8-10cm 芳香/微香~無香
樹形/直立性 樹高/1.5~1.8m
作出/2006年 木村卓功 (バラの家 キムタクてんちょ)

緑光に似たグリーンと白の複色のFGローズ。非常に花持ち良し。
肥料は少な目のほうがキレイに咲き、つぼみは多くても切らないほうが良い。 
トゲは大きく多め。 若干うどん粉が出やすい。


*FGローズとは:Florist Gardenローズのことで切り花品種であり、
 ガーデンローズでもあるバラのこと。最近増えてます。

   2010年   

2010年5月 新苗から3年目。
ようやくしっかりと緑が出て、本領発揮です。
  

『石の上にも3年』 バラの栽培も3年。

   2009年   

 2009年5月6日 蕾は小さいけれど…
 Wakana

 5月9日 とてもゆっくり開くので、
 Wakana

 5月11日 咲くころには結構大きくなります。
 Wakana

アンティークレースからウドンコ感染したけど、
ニームとセスキにより2週間ほどで治りました。

 5月13日 緑が強くでてますね 
 Wakana

 5月15日 また違う形になりました。 
 

これが本来の形のようです。 
やはり新苗は本領発揮できないんですね。

 5月22日 同時に咲いてるのに別品種のように花形が違うのはなぜ?
 

ゆっくり咲いたほう(右)が花びらが多くて、
倍くらいのスピードで開花したのは(左)、花びらが少ないです。

 HT種で4つ同時に咲いたのは初めて 
 花もちがとても良いからですね。
 クリック わかな

 全体はこんな感じ
 Wakana

FGローズだからか、ステムがどれよりも太長く真っ直ぐで、
満開で切ってからも軽く1週間は花持ちします。

 Wakana
 真ん中のクルクルがハート形  っぽくない?

 購入先:バラの家 
わかな 新苗


   2008年 新苗   

大きく太い苗でとどいたけど、中々蕾がつきませんでしたが、
やっと1つだけ咲きました。

 

 

 ものすご~くゆっくり咲くバラです。
 だからこんなふうに写真がとれました。

 

 

 あれ? 花びらが少ない?
 ロゼットでもカップ咲きでもないような?

 

 HTらしい半剣弁な咲き方ですね。 嬉しい誤算 
 直径7cmとちょっと小さめだけど…

ただ、小さめの葉っぱが多くて、あちこちから新芽を中途半端に出しては、
結局ブラインドか出開き。 ウ~ン… 
全体の樹形としては他と比べてあまり美しいとはいえないかな。

 

 

*ブラインドとは、新芽が出ても成長がストップしてしまうこと。
 1週間たっても生長が止まったままでつぼみの付かない枝。
 だいたい先が茶色くなってきます。

 

 2本目のシュートもうちに来てから成長ストップ。

2本に分かれた本枝の先も成長が止まってるような....
8月になったら夏剪定するしかないですね。
一度ウドンコになりかけたけど、ニームスプレーで止まりました。

一応、4種類全部、花を見ることができました。
1つ目の目標はクリア~  



 秋のある日に完全に満開になったRosa de Col。
 バ…バラに見えません

なお、春も秋もうちのはほとんど緑が出ませんでした。
若干うどん粉が出やすく、葉っぱが外側にくるくると丸まる傾向で
あまり美しい樹形とはいえない気がします。 
まあ他と比べて個人的な好みですから悪しからず。

ジャストジョーイ【HT橙系】

05/01


ジャスト ジョーイ [ HT ] 四季咲き 大輪
Just Joey


花色/オレンジ 花径/14-15cm 芳香/強香
樹形/半直立性 樹高/1~1.2m 花形/丸弁盃状咲き
作出/ Cants(イギリス) 1972年
交配親 Fragrant Cloud × Dr. A.J. Verhage(Golden Wave)

コンパクトな樹形で、花つきが良く、フリルのある丸い花びらが美しく、
優美、エレガントという言葉がピッタリの超大輪。
枝が若干乱れるので、剪定に注意が必要。
フレグラントクラウドを親に持つので香りもよく、強健。
世界バラ会連合が選出した20世紀を代表する名花として、
「バラの殿堂」入りを果たした品種の一つ。
RNRS(英国王立ばら協会)金賞受賞。
鉢植え向き。早咲き。


耐病性★★★★☆ 耐風性★★☆☆☆ 
強香性★★★★☆ 美しさ★★★★★ 
花持ち★★★☆☆ オススメ度★★★★☆

購入先/ バラの家

   2010年 春   

天候不順のため、花つきはいまいちだったけど、
15cmを超える大きな花が咲きました。


   2009年 冬   

秋冬はこんな素敵な色で咲くことも。


   2009年 春   

爽やかなフルーツ香で、総合的に好みのバラです。
1本は風で折れてしまい、この春は2つだけ蕾をつけました。

 5月4日 チューリップ みたい? 
 Just Joey

新葉にほんの少しうどんこが出たけれど、花に影響はなし。
とても濃いオレンジが出ました。

 5月6日 果物のような美味しそうな香り 
 クリック JJ

 5月7日 優美な姿にうっとり。去年はこの段階を見逃しました。
 クリック JJ

 5月9日 完全開花時は14cm 
 クリック JJ ほぼ実物大
このバラを見てると幸せな気分になります。 


   2008年 秋   

ふむ、フレグラント・クラウドとは親子関係なんですねぇ…
香りはこちらの方が優しくて好きです。

Just Joey
 10月4日

 Just Joey
 10月6日


 Just Joey
 10月7日


 Just Joey
 10月8日

Joeyってなんだろう?と思って調べたら、
作出者の奥さん(Joanna)のニックネームだそうです。
Justがついてるあたり、じゃあJoeyでいっか?
みたいな軽い感じで付けた感が出てますね。
奥さんの名前やロイヤルファミリーの名がついたバラって多いですね。
実は私も名前にちなんで、狙ってるのがあります。

 Just Joey
 10月9日

いよいよ開花です。 ガクが下りると早いよ~

 Just Joey
 10月10日

 Just Joey

 Just Joey
 10月11日

“夢”に似ているけれど、こちらは丸弁でヒラヒラした花びらが美しく、
優雅です。 香りも素晴らしい   直径約13cm 

旅行中だったので2日間飛んでます。

 
 10月14日

鮮やかなオレンジ→アプリコットオレンジ→クリーム色に変化

やはり私はオレンジのバラが一番のお気に入り 

 ジャストジョーイ(HT橙色)新苗 6号鉢

ニューヨーク・フォーエバー【MIN 桃系】

01/20


ニューヨーク・フォーエバー [ MIN ] 四季咲き 小輪
New York Forever


花色/桃色 ピンク
花径/3-5cm   芳香/微香
樹形/半直立性   樹高/20-25cm 
花形/半高芯剣弁咲  花弁数/40枚
作出/ Rosa Eskelund, Forever Rose社(デンマーク) 
交配親/ -

特徴/ 定番のピンク。きりりとした形と色はいかにもバラらしいバラ。

初心者、鉢植向き。


購入先/ セントラルローズ (ミニバラ専門店)


     2009年-2010年 冬     

 12月5日 購入時 
 New York Forever

 これも葉がツヤツヤ 
 New York Forever

 New York Forever

 ピンク好きにはたまらない色でしょ? 
 New York Forever

 小さいけど、アップは風格がある?!
 New York Forever

ミニバラはどの品種も花持ちが良いのが特徴です。
特に冬もたくさん咲くものが多いので、中大輪しか持っていない方は、
いくつかミニバラを揃えると冬のガーデンの色どりになります。 


「最上質」のカタチ。ニューヨーク・フォーエバー(ココポット仕様)
さらに進化!「最上質」のカタチ。ニューヨーク・フォーエバー(陶器仕様)


ミニバラ初めての方でも安心!便利なお試しちょこっとキット♪【送料無料】

グルス・アン・アーヘン【FL白~杏ピンク系】

12/22

グルス アン アーヘン [ FL ] 四季咲き中輪 中香
Gruss an aachen

花径/8-10cm 樹形/木立性 樹高/50-90cm
作出/1909年ドイツ、Philipp Geduldig
交配親/Frau Karl Druschki(HP) × Franz Deegen (HT)

アプリコットがかった白花色のロゼット咲き。
甘く柔らかな香りがあり、トゲが少ない。 樹勢は弱め。
枝の細さに比べて花が大きい。見かけによらず強健。
耐風性、耐病性、耐陰性、多花性を兼ね備えた良質な品種。
色・形の変化が多いので、面白いバラを探している人にオススメ。

鉢植え、初心者向き。


フロリバンダ1号種といわれています。
親はどちらもハイブリッドなのに、その樹形や房咲きになることから、
どこに分類していいのかわからなかったという
面白いストーリーを持ってます。 
またピンク・グルスアンアーヘンとイレーヌワッツは同じ!?という話も。
名前違いの同品種?

色は、季節によりさまざまで、春と冬は アプリコット→白
夏から秋は 濃ピンク→アプリコット(黄色)→白 と変わり、
時には絞りが入ることも。また形は、ロゼットやらカップ咲きやら、
毎回違う顔で楽しませてくれます。 
変身の才能あり。   サプライズ好き。
本当のそのバラの性質が出るのはやはり2年目以降のようで、
新苗は成長の過程がみられる面白さがあります。

毎年たくさんのバラが作出され、弱いもの、好まれないものは消えていく中
100年も前のバラが今でも残っているというだけで、
強健と美しさを兼ね備えたバラかという証明になってるでしょう。
春から真冬まで繰り返し咲き続ける優等生。
いろんな意味で、大好きな品種の一つです。

 ※グルスアンアーヘン (FL複桃)  国産苗 新苗予約


 2010年春 はこちらへ ⇒ 感動の瞬間

  2009年  

 2009年4月
 今季は初の房咲きになりそうだけど、蕾は小さめ。
 どんな変化をみせてくれるのか、楽しみ  です。
 クリック

 5月のゴールデンウィークに咲きました。
 クリック GAA
今回の花は小さいかと思ったら、
開花寸前に一回り大きくなりました。 花径9cmほど。

 5月8日 主張はしすぎず、優しくしなやかなバラです。
 

うどんこが少し出てて蕾が数個落ちたけれど、花に影響はなし。

 5月10日 毎日開花。今度はイエローが出た  
 
 5月11日 レモン色のが欲しかったけど、必要ないかも…
 Gruss An Aachen

 5月13日 シベがこんなに大きく見えたのは初めてです。
 Gruss An Aachen

 5月15日 だんだん花が小さくなってきました。
  だけど1輪づつよりFLらしく華やかでいいですね。
 

完全に咲き切ると花弁が外側に広がって丸いボールのようになります。
蕾がたくさんついたので、毎日開花してくれてます。

 2009年 秋 ピンクがつよく出ました 
 

 秋~冬にかけても花つきは抜群 
 

 冬はやっぱりディープカップ
 


    2008年  

2009年 1月。 
2ヶ月ほどかけてゆ~くりと膨らんだ蕾はとても大きくてふっくらしてました。
ちなみに1年目は1枝も房咲きにならず、一つの花が大きかったです。

 

開花すると、ロゼットでなくてなぜか10cm程のカップ咲き 
色だけじゃなくて形まで変化するバラってちょっとミラクル~
ここまで変わるのってかなり珍しいでしょ?

 

        

無事、夏 が過ぎて、秋  がきました。
この品種は色々な表情を持っています。

  
 2008年 9月                  10月上旬

 
 10月下旬 

 
 11月 これが一番図鑑などに近い形と色ですね。

下↓のピンクと同じ苗で咲いたバラだとは信じがたいでしょうけど、
間違いありません。

       

 

 
 あれ? ピンク 白かアプリコットのはずじゃ…

 
 なんとも鮮やかな、ど ピンク 
 
 品種を間違えたのか?と思ったら。。。

 たった一晩で満開 
 そう、そう この色だよ。 
 なんとマジカルな変貌ぶり。
 この間どんなふうに変化したんでしょう?
 うぁ~~~見逃した  残念。

 

 急いで切り取りました。
 たった1輪なのに甘くていい香り~~~

こんな驚きの変化を見せてくれるとはねぇ 
あまり期待せずに買ったのでラッキーです。 

強風で3度ほど鉢がひっくり返るし、
細枝に重い花首がグルグル、ブルンブルン  
してたので、どうなることかと思ったけどw


新苗は夏は蕾切りをしたほうがいいというのが一般的。
けど咲かせても大丈夫というプロもいます。
だから、全部1つずつ残すことにしました。
夏に花を見ないまま枯らせてしまうかもしれないので 
リスクヘッジ 


ここで買いました 
グルスアンアーヘン (FL杏桃) 大苗 6号鉢植え品 ☆
東日本大震災募金
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Rav

Author:Rav
旅行好きなインドア派、面倒くさがりぃの料理好き、ときどき薔薇バラ、どないやねん!

カテゴリ
ブログ内検索
過去の記事だよ
アクセス数
since Feb.2011
リンク
お買いもの
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。